地域やコミュニティ内で、
お金のいらない
GIVE & GIVE のたすけあい

「JOMON(ジョウモン) 」は、「お金では表現できなかったものに価値を見出す」
という考え方を軸に、行動や思いのともなう助け合いを独自通貨によって評価し、
地域やコミュニティ内でその通貨を使用できる、新しいコミュニティであり経済です。

解決に取り組む仲間は明確な見返りを期待せずに課題解決を目指し、
解決に取り組んでもらった仲間は、別の仲間の課題を解決する
Give&Give の考えがつながり、広がることで優しい社会が実現することを目指しています。

JOMON とは?

「助け合い」に価値を置いた
新しい経済

テクノロジーの発達によって、「物事 の価値をいずれもお金で測る」という 従 来 の 発 想 は 薄 れ、ク ラ ウ ド フ ァ ン ディングをはじめ、思いや行動を評価 し、信頼に価値をおいた「評価経済」 が注目されています。

JOMON では独自に発行する通貨であ る「DOKI」を流通させ、思いや行動の 伴った助け合いの輪を地域やコミュニ ティ間で広げることで、お金がなくて も生きていける「新しい経済」を作る ことを目指しています。

DOKI(仮想通貨)が
コミュニティで使えます。

「DOKI」は、< 解決に取り組む仲間 >から < 解決を希望する仲間 >にお礼として贈 られます。獲得した DOKI は近所の方の スキルや物、また地域加盟店のサービス や物と交換できます。

交換においては、スキルや物の提供者が 価値を決める従来の方法ではなく、提供 された側が自由に価値を決めます。 これは明確な見返りを求めず課題解決に 取り組むことで、解決を必要とする人に 真に必要な価値を提供できると考えてい るためです。

助け合いの輪が広がることで
DOKI が増えていきます。

JOMON 内の DOKI は、助け合いの輪
を広げることで新たに発行されます。

たとえば、

  • 新規登録と登録の継続で、
    3 DOKI 新規発行

  • 友人の招待で
    双方に 3 DOKI 新規発行

  • 1つの課題解決につき、
    1 DOKI を新規発行

  • Facebook や Twitter での拡散で
    1 DOKI 新規発行

JOMON のご利用方法

  1. 参加者それぞれが「解決を希望 する課題」「解決に取り組める 課題」の両方を積極的に JOMON 内でアピールします。

  2. 「解決を希望する課題」「解決に 取り組める課題」がマッチング したら、当時者間で直接やりと りをします。

  3. 両者で課題解決の詳細を詰め、 同意が得られたら、課題解決を 実行していただきます。

  4. 課題が解決したら、「課題解決 を希望する仲間」がいくら DOKI を贈るかを決め、「課題解 決に取り組む仲間」に贈ります。

  5. やりとりを運営が確認して、そ れぞれの DOKI を自動的に記帳 します。

  6. たまった DOKI は自身の課題解 決や加盟店で利用することがで きます。

お問い合わせ

まずはお問い合わせください

JOMON は現在、神奈川県「大磯」 および 「茅ヶ崎」エリアにて
試験運用を行なっております。いずれのコミュニティにおきまし
ても基本的に招待性とさせて頂いておりますが、「大磯」「茅ヶ崎」 エリアにお住まい、あるいは勤務や関連されている方かつ、
JOMON の価値観に共感頂ける方で参加をご希望の方は、お問い
合わせ下さいますと幸いです。

また、サービス実験をご自身の所属する地域やコミュニティでも
実践することをご希望の方もお問い合わせ頂ければ幸いです。

■ お問い合わせにはこちらのフォームをご利用ください